2006年05月23日

残りあと一日であきらめかけたが写真の使用申請をして許諾されました。

 ワークショップも残り1日というときに生徒が「この写真使いたいんですけど、もう時間もないから無理ですよね」と相談にきました。神戸市で開催された会議のもので、ワークショップに参加している高校の生徒が会議に出席していたのです。ワークショップ後半で、作品の構成を再考するうちに、写真があるほうがよいと思ったのでした。
 実際に放送番組や映像作品を作っているときにも、編集中に映像や資料を差し替えたり、追加したりというのはよくあることです。そのたびに現場のプロデューサは著作権部と相談したり、権利関係を調べたりします。権利者に電話で了承をもらい後日書類を送付したり(口約束は後日の紛争の元になるのできちんと書面で確認を取ることが原則。但しこの原則が往々にして守られないから、問題が起こったときに大事になる。)と大童です。
 さて、ワークショップですが、残り1日とはいえ、最終日には作品を完成させなければなりませんから、権利処理が出来るのは最終日午前中まで、相手の事務所の営業時間を考えると、交渉時間は5時間にも満たない状況でした。さすがに許諾がおりない場合のリスクを考え、「今日の6時までに回答が得られない場合は使用しない」ということで交渉することを生徒に提案しました。ホームページにメールアドレスがあったため、まずはメールを送り、ついで事務所宛に電話連絡を行いました。同時に生徒は使用依頼の文書を準備して、先方と連絡が取れたらすぐに送付できるよう待機しました。
 幸い、当日中に先方と連絡が付き、こちら側の制作日程の事情を説明して、使用の許諾を頂きました、写真に写っているほかの出席者の肖像権については、事務所が予め使用について許諾を撮った写真であることもわかり、権利処理も問題ありませんでした。
 こうして生徒から使用の相談からわずか3時間足らずで無事許諾され、生徒作品は完成しました。

 こういう瞬間に「ああ、権利処理やっててよかったなー」といつも思います。もちろん余裕を持って相談にこられればこちらも安心です。でも作品は「生き物」なので、どうしても編集しているうちに変化していきます。編集するうちに、突然別の素材が必要になることもよくあります。「なくても何とかなる。でもこの素材があったらもっとすばらしい作品になる」と制作者が思っているときに、それを(法的に)使えるように何とか手を打つ。これが権利処理の醍醐味なんですね。
 面倒くさいとか大変とか思われるかもしれませんが、やってみると奥が深くて面白いんです。今年のワークショップでもいくらでも喜んで権利処理しますし、そのノウハウもお教えしますので、ぜひご参加くださいね。

(え)
posted by 著作権イベント実行委員会 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成17年度実践!著作権

2006年05月11日

NASAに手紙を書いてみました

 スペースシャトルの映像を使いたい場合、NASA(アメリカ航空宇宙局)に使用申請を送ります。NASAはホームページの「教育利用」(educational use)のところをみていただくとわかるのですが、教育目的の場合は非常に寛大な利用を認めています。しかし「教育目的」に該当するかは非常に厳しい制約があって、第一にNon-commercial(非商用)であること、次に使用したい映像や写真はNASAから借用することが条件となっています。
http://www.nasa.gov/audience/formedia/features/MP_Photo_Guidelines.html
http://www.hq.nasa.gov/office/oer/japan/aboutnasa/library/library_f.html

 昨年度のワークショップでは、スペースシャトル船内のラボの映像の使用を考えたグループがありました。スペースシャトルのラボ内で宇宙飛行士が手を放すと、かごから飛び出たカエルがふわふわと部屋の中を「泳ぎ回る」というものです。
実はこの映像はNHKから借用した映像ですが、もともとはNASAから提供された映像です。ということは、使用に際しては、映像を貸してくれた(放送した)NHKと、NASAの許諾の両方が必要となります。 
このイベントでは、限定50枚とはいえ、定価をつけ販売し、制作者(グループ)は「著作者印税」まで受け取るのですから、「著作権教育の一環」とはいえ、 NASAの規定する「非商用」の「教育利用」に該当するか確認しなければなりません。また、NASAから直接素材を借用することも条件ですが、今回は映像をNHKから借りています。とするとこの点についてもNASAの了解を得なくてはなりません。
そこで生徒達は、NASAにメールを送りました。メールには、[1]自分たちが何者であるか、[2]なぜこの映像が必要か、[3]このイベントの目的はどういうものか、[4]映像はNHKから借りて使用してよいか、という4点を明記した上で、さらに「NASAの規定する非商用の教育利用に該当するかわからないが、映像使用を無料にしてくださいとお願いしました。時間が限られていますから、みんな辞書を片手に一晩で書き上げました。もちろん英語です。
 (担任の先生もびっくりしていました。)

私が権利処理の仕事に携わっていたときもNASAの映像使用について何度か使用申請をしました。私の経験ではNASAは、NASAの規定する「教育目的」に合致する場合は、返事が来ないことも多いのですが、一般市販DVD等に使用する場合には必ず詳細の照合が来ました。教材ビデオなど教育目的ではあるけれど定価を付けて販売するような場合は特に注意して依頼書を送っていたものです。

 残念ながらこの映像は編集の過程でカットされましたが、きっと良い体験になったのではないでしょうか。


(え)
posted by 著作権イベント実行委員会 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成17年度実践!著作権

2006年05月01日

「実践!著作権Part2:先生と一緒に学ぼう」高校枠参加者募集

「ひょうごe-スクールコンソーシアム」第2回著作権イベント
「実践!著作権Part2:先生と一緒に学ぼう」-コンテンツ制作を通して権利処理を学ぶ-
高校枠募集!!
 
 本日よりいよいよ高校参加枠の募集を行います。
 このイベントは映像作品を制作しながら著作権について学ぶことが、目的です。
 ワークショップでは、中・高等学校を対象として、最新の編集ソフトを利用し映像制作を行うと共に、制作の過程で使用する音楽や映像等の著作物の実践的な権利処理を通して、著作権について学びます。また、今年度は先生方にも一緒に学んでいただけるようになっています。先生方には具体的な著作権処理について解説いたしますので、学校教育現場において実際的な処理実務の中心的役割を担う先生にも十分なカリキュラムとなっています。
 著作権フェアでは、(作品発表会)完成作品のプレゼンテーションを行い、作品は制作者自ら(生徒と教師)が商品として販売します。販売数量に応じて著作権料が支払われます。また当日は、会場に著作権デスクを設置し、地域の教員、保護者等のご相談に応じる予定です。

 募集要項は下記のとおりですが、詳細は下記ファイルを参照してください。
   公募要旨(ちらし)をダウンロード[PDF:128KB]
   募集要項をダウンロード[PDF:279KB]
   ※開催日程を変更しました。(5月22日)
 その他ご不明な点等ありましたら、スタッフまでお問い合わせください。
 
○募集対象
 兵庫県内在住・在学の高校生(3〜4名)と教員1名のグループを2グループ。 
 (*この募集とは別途募集される中学生と教員のグループ、4グループも参加します)

○応募条件
・ 全日程に参加可能なグループ。 (著作権ワークショップおよび著作権フェア、計6日間)
・ 制作ワークショップに「ミニDVテープ」にて映像素材を事前に撮影し、お持ちいただける方。(その他メディアは事前にご相談ください)

○参加費用: 無料( 交通費は、実費支給)。

○実施日程
 ワークショップ
  平成18年8月9日(水)、10日(木)(前半2日間)
  平成18年8月28日(月)、29日(火)、30日(水)(後半3日間)
  ※開催日程を変更しました。(5月22日)
 フェア
  平成18年10月15日(日)

○会場
 ワークショップ: 加古川市教育研究所(兵庫県加古川市平岡町新在家1224-7)
  http://www.city.kakogawa.hyogo.jp/hp/kakogawaav/access.htm
 フェア: 加古川市総合文化センター大会議室(兵庫県加古川市平岡町新在家1224-7)

○応募先
 著作権イベント実行委員会
〒670-0092 姫路市新在家本町1丁目1の12
兵庫県立大学環境人間学部 異文化間コミュニケーション研究室内
 著作権イベント実行委員会事務局 

○応募方法
 所定の応募用紙に必要事項を記入の上、著作権イベント実行委員会事務局宛に郵送してください。
* 選考は6月中旬に行い、応募代表者(教員)に対してお知らせします。

○受付期間
 平成18年5月1日(月)〜5月31日(水) (必着)

○お問い合わせ
 ひょうごe-スクールコンソーシアムITコンテンツ利用研究部会
 著作権イベント実行委員会事務局
 メール:info@cef.jpn.org

○お詫び
 当初ワークショップ後半3日間の日程につきまして、
 平成18年8月29日(火)、30日(水)、31日(木)とご案内いたしましたが、
 兵庫県での国体開催の都合により、
 平成18年8月28日(月)、29日(火)、30日(水)に変更させていただきました。
 公募期間中に日程変更となりましたことをお詫びいたします。(5月22日)

posted by 著作権イベント実行委員会 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ