2006年07月26日

権利処理あれこれ〜その2.窓口を一本化すること

 どんなことでもそうですが、人にものを尋ねるときというのは緊張するものです。道を尋ねるのだって知らない人に尋ねるのは多少の抵抗がありますし、初めてのところや自分でもどういっていいのか分からない内容のときはなおさらです。自分の言いたいことを相手に理解してもらえなかったり、尋ねた相手がその担当ではなかったりすると、たらいまわしにされ、本当に交渉しなくてはならない相手にたどり着くころには、疲労困憊してしまいます。
権利処理というのは、まずは権利処理の必要性の判断、必要な場合の手続き方法、経費等々について聞くところからはじめなくてはなりません。さらにそこから利用についての交渉をしなくてはいけません。しかし、その最初のところ、尋ねるにあたって誰に尋ねたらいいかわからないという大問題があります。音楽ならJASRACと思うかもしれません。新聞なら新聞社、書籍なら出版社、・・・のどこ(どの部署)に連絡すればいいでしょう?代表に電話すれば、何の件かということを説明しなくてはなりませんし、代表が回した先が必ずしも担当部署でないこともあります。そうすると又一から説明のしなおしです。
 結局、権利処理のハードルを高いものだと思わしめている要因のひとつは、この「誰に聞いたらいいかわからない」ということではないかと思っています。また、そのようなご意見は以前の調査でも多く見受けられました。

 そこで、ワークショップではすべての権利処理の窓口を一本化することを試みました。まずは「権利処理機構」という集中権利処理を行う窓口を置き、権利処理に関係するすべてを「権利処理機構」で扱うことにしました。生徒から使用希望の出た素材等については、「機構」が一括してすべて交渉し、参加者の著作物利用に対して包括的な権利処理体制をとることとしました。但し申請書は当該生徒が雛形に沿って作成します。
この「機構」により、権利処理方法が分からなくても、生徒は「機構」に相談することで、利用に関するアドバイスや申請方法を学ぶことが出来ます。また、「機構」において、許諾申請の漏れがないように配慮することができるのです。
 さらに、スムーズな申請、交渉及び質問等が分散しないように、権利者団体、レコード会社等の各位に依頼し、本ワークショップの交渉担当者を事前に決めて、「機構」との対応を1 対1対応としていただきました。これで権利者側の回答の遅延、申請者側の質問の重複等を防ぐことが出来ますし、生徒には、権利者に直接問い合わせしなくてすむので著作物利用に対する不安、ストレスを軽減するのです。これも権利処理のハードルを低くするひとつの方法ではないかと思います。
 今年のワークショップもこの方法を踏襲します。去年と大きく違うところは、先生方にこの「機構」のお仕事をお手伝いいただくことです。そうすることで、先生方に権利処理のノウハウ(コツ)をつかんで頂けるようにしたいと思っています。

(え)
posted by 著作権イベント実行委員会 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 権利処理実務

2006年07月22日

1ヶ月を切りました

 いよいよ「実践!著作権PartII 先生と学ぼう」ワークショップの開催まで1ヶ月を切りました。2回目となる今年は、先生が生徒の皆さんと一緒に著作権について学び、さらに先生が権利処理の実務を体験するということがポイントです。学校において著作物を利用する場合、ほとんど権利処理をする場面は余りありませんので、先生が権利処理について学ぶことがどのような意義を持つのかと疑問に思われる方もいらっしゃると思います。
 しかし学校での著作物利用は全く権利処理の対象でないと信じきってしまうのは大変危険です。例えば、ホームページ利用や卒業アルバムの DVD作成、文化祭での演奏の様子の録音・録画、その配布など実は正規の授業において行われる活動の一部であっても、権利処理が必要な場合というのはたくさんあります。もっといえば、教室で授業をしているときにも必要な場面というはたくさんあります。脅かしているわけではありません。ただ、そういう場面もあるという事実を認識して頂きたいのです。そして、その場合に、面倒くさそうだからとか「なんか恐ろしいから使うんやめとこ」、と思うのでなく、積極的に取り組んで頂きたいと思います。とにかくやってみるという体験をして頂くことで、「権利処理とは何か」ということを実感頂き、実際の現場においてもどんどん活用して頂きたいと思うのです。クラスの思い出を映像にまとめるとき、音楽が付くとそれだけでずっと感動が広がることは、よくご存知のことだと思います。その行為をまっとうにやるのは実はあまりたいした手間ではないのです。
 今年のワークショップでは、今後の教育現場で利用できるよう、最小限のことに絞って権利処理を行えるようにしています。また、権利処理に対するハードルを出来るだけ低くするという趣旨の元、申請書に雛形等の作成、簡単な使用料計算の方法などもお伝えする予定です。もちろん、もっと実践的な事例についての個々の質問、著作権的な関心事等にも対応していきたいと思っています。
 生徒と一緒に作品を作り上げるということを通して、著作権とは何かという根源的なものに触れて頂ければと思っています。そして先生方の教材作成や授業に少しでもお役に立てればと思っています。さらに、著作物の利用に積極的になれるよう、ワークショップに参加された先生方が中心となって、権利処理その他について広くご教授いただければと願っています。
 このブログでも権利処理の様子やワークショップでの出来事をご紹介してきますが、ご興味、ご関心がありましたら、ワークショップの見学も受け付けております。事務局宛ご連絡くださいませ。
 まだまだ準備がいろいろありますが、がんばります。

(え)

 <申請書雛形の例>
・肖像権に関する申請承諾書
・楽曲の音源使用申請書(各レコード会社規定申請書のない場合利用)
・映像の使用申請書
・JASRAC楽曲使用申請書 記載見本(ワークショップ特化しています)
  その他、生徒希望の借用著作物に応じて随時作成していきます。
posted by 著作権イベント実行委員会 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ