2007年04月22日

平成19年度「実践!著作権〜みんなで学ぼう」始動!

 平成19年度「実践!著作権」イベントは「みんなで学ぼう」と題して、一般市民の方を中心に、映像作品制作と権利処理を通じて著作権について考えます。
 第3回目となる今年は、地元CATV局と連携を図り、中高生を含む一般市民とCATV局の職員の方を対象とする予定です。参加者はCATVの局員と一緒に映像作品を作成します。もちろん作品にはBGMをつけ、映像や写真を借用して編集していきます。その権利処理を通じて著作権についての理解を深めようという基本概念は変わりません。「映像作品制作を通して権利処理を行う中で、著作権について学ぶ」というコンセプトは変わりませんが、制作した作品は第1回、第2回のような販売ではなく、地元CATV局で放送されます。
 現在、ホームビデオで撮影して編集して映像作品を楽しむという行為はかなり広がっていると思います。「個人でホームビデオを編集する場合は音楽をつけても私的利用だし問題ないよね」と思っていても、友達に配りたいとか映像コンテストに出展したいと思ったとき等に、ちょっと心配になったり、どうしたらいいか疑問に思ったりした方も多いのではないでしょうか。そこで、参加者に日常の著作物利用について、具体的にお伝えしていく必要があるのではないかと考えました。今回のイベントでこの様な疑問にお答えできればと思っています。
 さらに、協力いただくCATV局の職員も同時に有線放送(CATVのことです)と著作権について一緒に学んでいきます。今後市民の方から「ビデオレター」などの投稿を頂くとき、どのような点に注意すればよいか、自社撮影作品を放送する際の著作権等の考え方などをお伝えできればと思っています。
 参加者はCATV職員と一緒にグループに分かれて、一緒に学ぶとともに、カメラワークや編集方法などの指導も受けます。

 今年の参加募集開始は、5月中旬。
参加者は、会場となる兵庫県養父市、朝来市、加東市のいづれかのCATV局に通える一般市民、中学生グループ、高校生グループを予定しています。募集が決定しましたら、このブログ及び兵庫県下のCATV局等で告知いたします。

本年度も「実践!著作権」イベントの様子をこのブログでお知らせしていきます。是非ご期待下さい。

(え)
posted by 著作権イベント実行委員会 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 平成19年度実践!著作権