2006年05月01日

「実践!著作権Part2:先生と一緒に学ぼう」高校枠参加者募集

「ひょうごe-スクールコンソーシアム」第2回著作権イベント
「実践!著作権Part2:先生と一緒に学ぼう」-コンテンツ制作を通して権利処理を学ぶ-
高校枠募集!!
 
 本日よりいよいよ高校参加枠の募集を行います。
 このイベントは映像作品を制作しながら著作権について学ぶことが、目的です。
 ワークショップでは、中・高等学校を対象として、最新の編集ソフトを利用し映像制作を行うと共に、制作の過程で使用する音楽や映像等の著作物の実践的な権利処理を通して、著作権について学びます。また、今年度は先生方にも一緒に学んでいただけるようになっています。先生方には具体的な著作権処理について解説いたしますので、学校教育現場において実際的な処理実務の中心的役割を担う先生にも十分なカリキュラムとなっています。
 著作権フェアでは、(作品発表会)完成作品のプレゼンテーションを行い、作品は制作者自ら(生徒と教師)が商品として販売します。販売数量に応じて著作権料が支払われます。また当日は、会場に著作権デスクを設置し、地域の教員、保護者等のご相談に応じる予定です。

 募集要項は下記のとおりですが、詳細は下記ファイルを参照してください。
   公募要旨(ちらし)をダウンロード[PDF:128KB]
   募集要項をダウンロード[PDF:279KB]
   ※開催日程を変更しました。(5月22日)
 その他ご不明な点等ありましたら、スタッフまでお問い合わせください。
 
○募集対象
 兵庫県内在住・在学の高校生(3〜4名)と教員1名のグループを2グループ。 
 (*この募集とは別途募集される中学生と教員のグループ、4グループも参加します)

○応募条件
・ 全日程に参加可能なグループ。 (著作権ワークショップおよび著作権フェア、計6日間)
・ 制作ワークショップに「ミニDVテープ」にて映像素材を事前に撮影し、お持ちいただける方。(その他メディアは事前にご相談ください)

○参加費用: 無料( 交通費は、実費支給)。

○実施日程
 ワークショップ
  平成18年8月9日(水)、10日(木)(前半2日間)
  平成18年8月28日(月)、29日(火)、30日(水)(後半3日間)
  ※開催日程を変更しました。(5月22日)
 フェア
  平成18年10月15日(日)

○会場
 ワークショップ: 加古川市教育研究所(兵庫県加古川市平岡町新在家1224-7)
  http://www.city.kakogawa.hyogo.jp/hp/kakogawaav/access.htm
 フェア: 加古川市総合文化センター大会議室(兵庫県加古川市平岡町新在家1224-7)

○応募先
 著作権イベント実行委員会
〒670-0092 姫路市新在家本町1丁目1の12
兵庫県立大学環境人間学部 異文化間コミュニケーション研究室内
 著作権イベント実行委員会事務局 

○応募方法
 所定の応募用紙に必要事項を記入の上、著作権イベント実行委員会事務局宛に郵送してください。
* 選考は6月中旬に行い、応募代表者(教員)に対してお知らせします。

○受付期間
 平成18年5月1日(月)〜5月31日(水) (必着)

○お問い合わせ
 ひょうごe-スクールコンソーシアムITコンテンツ利用研究部会
 著作権イベント実行委員会事務局
 メール:info@cef.jpn.org

○お詫び
 当初ワークショップ後半3日間の日程につきまして、
 平成18年8月29日(火)、30日(水)、31日(木)とご案内いたしましたが、
 兵庫県での国体開催の都合により、
 平成18年8月28日(月)、29日(火)、30日(水)に変更させていただきました。
 公募期間中に日程変更となりましたことをお詫びいたします。(5月22日)

posted by 著作権イベント実行委員会 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/628098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[著作権]長い長いエンドロールの物語/中学・高校生が権利処理を通して学んだこと(コピライト2006年2月号)
Excerpt: 言いたい放題 - 続 著作者尊重の精神を・加戸守行(コピライト2006年1月号)というのを書いたが、 著作権情報センター(CRIC)発行の月刊コピライトの巻頭エッセイから。 少し前だが、 月刊コピラ..
Weblog: 言いたい放題
Tracked: 2006-05-10 00:16